鏡を見て老化した顔にショック!目の下のたるみが気になるアラサー女性にインタビュー

20代前半の頃、仕事に遊びにどんなに睡眠時間が短かったとしても、それなりにお肌のハリは保たれていたはずです。

しかし、アラサーと呼ばれる世代に入ってくると、話が違ってきます。

お肌をしっかりケアしてあげたり、食事や睡眠など、体の基礎代謝を上げていかないと、昔のような若々さが保てなくなるのです。

目元 クリーム
通勤電車の中で、窓に写る自分を見た時に、「ゲッ!私ってこんなに老けてたっけ!?」と驚く経験、あなたにもあると思います。

その主な原因は『目元』の印象なんです。

目元がたるんだり、シワがあったりするだけで、それだけ老けたと周りの人に思われていると思ってください。

そんな目元の老化に対抗するために、今回は目元に関する悩みをとある女性にインタビューしてきました。

激務と呼ばれるマスコミ関係で働くアラサー女性の方で、効果のあった目元ケア方法をご紹介いただきました。

ぜひ参考にしてみてください。

プロフィール


名前:ちどりんさん
年齢:32歳
職業:マスコミ関係


いつぐらいから目元のたるみに悩み始めたの?


アラサーと言われる27~28歳くらいの頃から、疲れた時などに目の下のたるみなどが目立つようになりました。

特に、仕事が忙しくて睡眠時間が十分確保できなかったりしたとき、鏡を見て自分のたるんで老けた顔にハッとしてしまうことがあり、目元のケアの必要性を感じるようになりました。


あなたのお気に入りの目元のケア方法を教えてください


気に入っているのは、主にアイケア専用の化粧品とマッサージ、筋トレです。

ハリ効果を謳った化粧水や乳液などと、目元ケアに特化したアイクリームの化粧品はいろいろ試してみました。

ほかに、ニベア青缶が目元のたるみとしわに良いという情報を見て、それもやってみました。

結果、化粧品の中で一番効果を感じたのは目元専用の美容液で、さらにマッサージ用アプリケーターなどの付いたものです。

目の周囲をマッサージしながらハリ効果のある美容液を浸透させることで、むくみなどが取れてすっきりして、なおかつ翌朝目元のハリを感じることができました。

値段は張りますが、ランコムのジェネフィックアドバンストアイセラムライトパールは、ひんやりと冷たいアプリケーターが腫れぼったい目に気持ちよく、美容成分が浸透しているのも感じることができました。

私は入浴後に化粧水を付けた後、このアイセラムをゆっくりたっぷりと目の周りに付け、より深く浸透するように手の指でもマッサージしながら塗り込んでいます。

その後、蓋をするように乳液を付けています。

並行して、目元のマッサージと筋トレも行いました。

特に目の下のたるみは、目の周りの筋肉が衰えることで生じると雑誌で読んだことをきっかけに、お風呂に入っている時などに意識して行っています。

ウインクをしたり、片方ずつ眉毛だけを上げたり。また目の下の筋肉を鍛えるため、顔を天井に、目だけ下を向いて瞬きをするエクササイズも取り入れました。

まぶたや目の下に老廃物が溜まることでもたるみが加速するので、アイケア商品でのマッサージとは別に、入浴中の温まった状態で目の周りの老廃物を流すためのマッサージもしています。

眉毛の中央下に親指を当ててもみほぐしたり、目尻の外側1センチのところを少し強めの力で押すなどです。

これら3つが私の気に入っているケア方法です。


試してみたい目元のケア美容グッズなどはありますか?


試してみたいのは、リファカラットなどの美顔器グッズです。

顔の輪郭部分や顎のたるみにはかなり効果が高いと聞く美顔器グッズですし、ボール状のマッサージ機でコロコロするのは気持ちが良さそうと思っています。

しかし反面、皮膚を引っ張ってしまうこともあるので、薄い目の周りに使うとしわを作ってしまうのではないかと思い試せていません。

誰か試した人の話を聞いてみて、自分も使ってみたいです。


まとめ:アラサーに突入したらしっかりとした目元ケアを

  • アイクリーム
  • 目元のマッサージ
  • 目の周りの筋トレ
  • 美顔器グッズ

以上のような、目元ケアに関わるものはたくさん増えています。
(それだけ、目元に悩みを抱えた方が増えているということ)

どんなに仕事が忙しくても、家に帰ってきてからざざっと時短でケアができるものがやはり嬉しいですよね?

その点、アイクリームや美顔器などは手軽に自宅で目元ケアができるのでおすすめです。

こちらのランキングにおすすめのアイクリームや美顔器などをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。