実年齢より若く見られたい!1番効率が良いのは目元のケア

実は、あなたの顔の印象を決める1番大事なパーツが「目元」なんです。

女性 目元ケア
目元が老けているだけで、他人から「あの人老け込んだね・・・」と判断されてしまうわけです。

つまりは、逆に目元が若々しく保てていたら、それだけで実年齢よりも若く見られるんですね。

顔全体のケアをするのも良いですが、正直子育てなどを頑張っていたらそんな時間もお金もないですよね。。。

であれば、目元だけでもしっかりケアをしておくだけで、若返りができるとなるとコスパが良いと思いませんか?

今回は、目元のケアを頑張っている30代の女性の方に、実際にどんなケアをしているのか聞いてみました。

ぜひ参考にしてもらえればと思います。


実際に、目元ケアの方法を聞いてみました!

プロフィール


名前:ミーさん
年齢:33歳
職業:事務

いつぐらいから目元のたるみに悩み始めたの?


30歳で出産をし、その後一気に老け込みました。

たまたま年齢的なことと合わさったのかもしれませんが、目元や口元のシワやシミが目立つようになりました。

私は良く笑う方ですが、出産前までは笑いジワさえありませんでした。

それからというもの、一番目立つ目元のシワやたるみを重点的にケアしています。


あなたのお気に入りの目元のケア方法を教えてください


私が毎日行っているケアは、表情筋を鍛えることと、ビタミンCを多く含むスキンケア用品で目元を重点的に保湿することです。

表情筋を鍛えるというのは、顔の筋肉をほぐすという方法です。

よくやっているのは頭皮マッサージです。

目元を直接マッサージすることは、逆にシワを増やしてしまうことになるので注意が必要です。

頭皮は顔と繋がっているので、頭皮マッサージをすることによって、必然的に目元の筋肉もほぐされます。

ゆっくりと揉み込むようにマッサージをすることで、頭皮も気持ちがいいし顔色も良くなります。

また、首のリンパを優しくマッサージしたり、ホットタオルで首を温めることで血行が良くなり凝りがほぐれます。

さらに時間がある時は眉体操もしています。

眉を上下に上げ下げすることで顔の筋肉を鍛えています。

表情筋は、表情が乏しければ乏しいほど筋肉が重力に負け垂れ下がってしまいます。

ですから、できるだけ普段から笑顔多めに生活するよう心がけています。

笑うと笑いジワができやすいと言われますが、肌がたるむより、笑いジワができた方が私は幸せだと思います。

スキンケア用品対策は、ローション・美容液・保湿クリームなど保湿に必要なスキンケアセットを購入しています。

夜眠る前にしっかりアンチエイジングをし、特に気になっている目元にはたっぷりと浸透させます。

肌をゴシゴシこすったり、強く押し当てたりすることは肌には悪影響なので、忙しい時でもなるべくスキンケアには時間をかけます。

血行を良くすること、即ち表情筋を鍛えることと、たっぷり保湿をすること。

この2点で私の目元のたるみは改善されました。

今は年齢より若く見られるほどです。

時間をかけて肌と向き合えば、必ず肌もそれに応えてくれます。


試してみたい目元のケア美容グッズなどはありますか?


エステに行ってみたいなという気持ちはります。

プロのエステティシャンに任せれば、今よりももっと肌が若返るのではないかと感じています。

お金がかかるのでまだ行ったことはないのですが、いずれ試してみたいと思います。

目元の皮膚は顔の中でも繊細ですから、自分でやるよりプロの手にかかった方が安心できそうな気がします。


まとめ

実年齢よりも若く見られるケアをするなら、

  • 目元をアイクリームなどでしっかりケア
  • 目元の筋肉を動かす

この2つを集中的にケアしましょう。

特に、アイクリームに関しては当サイトでおすすめのものをランキング形式にまとめました。

ぜひ、こちらのページをチェックしてみてください。